FFRIエンジニアブログ

株式会社FFRIセキュリティのエンジニアが執筆する技術者向けブログです

CODE BLUE 2021 採択に至るまで

はじめに 基礎技術研究室リサーチエンジニアの中川です。 先日行われた CODE BLUE 2021 に参加し、登壇してきました。 codeblue.jp 今回の記事では本研究をスタートして CFP に応募し、採択に至るまでの経緯について紹介していきます。 はじめに 今年の CODE…

AtCoderで水色に到達するまでの感想

はじめに FFRIセキュリティ セキュリティエンジニアの大野です。本記事ではセキュリティからは離れて、AtCoder に関する感想を書きます。 AtCoder に参加し始めてから約 2 年半経過した 2021 年 6 月に目標としていた水色に到達出来たので、それまでの感…

2021年度インターンシップの紹介~エアコンファームウェアのペンテストをやってみよう

はじめに セキュリティサービス部セキュリティエンジニアの一瀬です。セキュリティサービス本部では、2021 年 8 月と 9 月、それぞれ 5 名の方に参加いただき、「実践的手法を用いた IoT 機器ペネトレーションテスト」と称した、5 日間のインターンシップを…

Black Hat USA 2021 から、「5G IMSI Catchers Mirage」の紹介

はじめに FFRIセキュリティ エンジニアの村上・木下です。 近年、5G ネットワークの普及が進んでいます。5G ネットワークでは、セキュリティ向上のための新機能が導入されています。それらの機能はどのようなものなのでしょうか。また、セキュリティが強…

2021年度新人研修その3:Windows解析研修

はじめに 2021 年度に新卒入社した H です。 FFRIセキュリティでは、入社後から 4 ヶ月間に渡って新人研修が行われます。 本記事では、今回実施された研修の中から、5 日間に渡って行われた「Windows 解析研修」について紹介します。 Windows 解析研修 W…

セキュリティキャンプの報告と Arm 版 Windows における Arm Pointer Authentication Code (PAC)

はじめに 基礎技術研究室、リサーチエンジニアの中川です。 今年も FFRI セキュリティから押場・桑原・私の 3 人がセキュリティ・キャンプに講師として参加しました。 昨年は新型コロナウイルスの影響もあり、時期が 10 月にずれ、完全オンラインでの開催と…

2021 年度新人研修その 2:【これから就活する方々へ】品質保証研修:新人 IT エンジニアが研修を通して弊社に対して感じたこと

はじめに セキュリティサービス部新人 IT エンジニアの新宮です。 入社して早 4 ヶ月(記事を書いた時点で)。もうそろそろ右も左も分からないとは言い難くなってきた頃合いです。 私自身も胸を張って「右も左も分かります」と言えたらいいのですが、正直なと…

2021 年度新人研修その 1:全体の振り返り

はじめに こんにちは。 2021 年度新卒入社の篠原です。現在は、研修を終え実案件に取り組んでおります。 FFRIセキュリティでは入社後 4 ヶ月かけて新人研修を実施し、その後 OJT 期間に移行します。 例年であれば研修期間は出社し、 OJT 期間で徐々にリ…

Black Hat USA 2021 注目発表 2 ~ VM エスケープ脆弱性の発見と防御の発表紹介

はじめに 基礎技術研究室リサーチエンジニアの末吉です。 前回の Black Hat USA 2021 注目発表 1 に引き続き Black Hat USA 2021 の発表の中から、今度は Hyper-V の脆弱性発見手法と、 KVM の VM エスケープ防御機構について見ていきます。 まずは上記発表…

Black Hat USA 2021 注目発表 1

はじめに 毎々お世話になっております、基礎技術研究室リサーチエンジニアの茂木です。 今年も夏に突入し、暑い日々が続いております。そして夏といえば Black Hat USA 2021 が先般開催されました。 今年も興味深い発表が目白押しでした。 そこで今回は、「B…

標的型攻撃で使われるトンネリング技術

はじめに セキュリティサービス本部 セキュリティエンジニアの都築です。本ブログでは、標的型攻撃とその対策に興味がある方向けに、標的型攻撃の防御対策をかいくぐるような、以下の3つの通信手法(トンネリング技術)について説明します。 HTTP(S) ICMP ト…

Adversarial Example 検知のバイパス:ホワイトペーパーの補足として

はじめに 基礎技術研究室リサーチエンジニアの茂木です。 最近、Adversarial Example についてまとめたホワイトペーパーを出しました。 こちらがホワイトペーパーのリンクです。 先日、「AIを騙す」攻撃であるAdversarial Exampleについてホワイトペーパーを…

FFRI Dataset 2021 の紹介

はじめに 基礎技術研究室、リサーチエンジニアの中川です。 今回は FFRI Dataset 2021 について紹介します。 FFRIセキュリティでは 2013 年から毎年、マルウェア対策人材育成ワークショップ (MWS) にて、研究者向けデータセットを配布しています。 2017 …

Poetry と Docker を併用する試み

はじめに 基礎技術研究室リサーチエンジニアの茂木です。今回は、あまりこれまでの記事にはなかった、開発環境の話をします。 Poetry と Docker をいい感じに併用する方法を探った話です。 Poetry Poetry は、Python のパッケージ・仮想環境の管理ができます…

Project Champollion: Reverse-engineering Rosetta 2 の紹介

はじめに 基礎技術研究室リサーチエンジニアの中川です。 先日、M1 Mac の Rosetta 2 をリバースエンジニアリングするプロジェクト Project Champollion を公開しました。 今回はこのプロジェクトについて紹介します。 Rosetta 2 について 昨年の WWDC 2020 …

GPS spoofingの紹介

はじめに 株式会社FFRIセキュリティ セキュリティ・エンジニアの鈴木大輔です。本記事では GPS の spoofing(なりすまし)について解説します。 GPS spoofing は、攻撃者が細工した偽の GPS 電波を正規の GPS 電波よりも強い強度で発信することによって、…

Black Hat EU 2020 参加報告 2

はじめに こんにちは。基礎技術研究室リサーチエンジニアの中川です。前回に引き続き、Black Hat EU 2020 の参加報告記事となります。 今回は私が聴講して気になった、興味深い発表について紹介します。 C/C++ で未定義の動作となるソースコードの箇所を特定…

Black Hat EU 2020 参加報告 1

はじめに こんにちは。基礎技術研究室リサーチエンジニアの中川です。12 月 7 日から 10 日に開催された Black Hat EU 2020 へ参加、登壇してきましたので報告します。 今年の Black Hat EU 新型コロナウイルスの影響があり、今年はバーチャルでの開催となり…

ランサムウェアMaze解析レポート

はじめに ランサムウェアである Maze は、実行環境にあるファイルを暗号化し、ファイルを復号するために身代金を要求します。データが窃取された場合、窃取したデータは公開され、身代金の支払いをマルウェア感染者に促します。 2019 年には、100 以上の組織…

【就活生向け】2020年度新人研修の振り返り

はじめに こんにちは。 2020年度新卒入社の佐々木です。 FFRIセキュリティでは入社後4ヶ月をかけて新人研修が行われ、今年もこの7月で研修が完了しました。 例年の場合、研修期間は出社し その後のOJT期間に徐々にリモートワークに移行していくとのこと…

LIEF の紹介

はじめに 基礎技術研究室リサーチエンジニアの中川です。ブログシステム移行後記念すべき(?)第 1 回を担当します。 今回は FFRI Dataset 作成にあたっても利用している LIEF というライブラリについて紹介します。 LIEF は PE・ELF などの実行ファイルをパー…

Emotetの再帰的ローダーを解析する

はじめに この記事では、昨年(2019 年)12 月に、FFRI yarai により検知され、エンドユーザー様からFFRIに報告された Emotet の複数の検体について、追加的な解析を行った結果を共有します。 Emotetに関して Emotet は、昨年 11 月 JPCERT/CC から注意喚…

【合同勉強会レポート】Pen Test HackFest 2019, CSS 2019, CODE BLUE 2019 参加報告・ATT&CK 調査報告

はじめに 基礎技術研究部所属の茂木です。 今回は 1 月 9 日にFFRIと株式会社エヌ・エフ・ラボラトリーズで共同で開催した合同勉強会について報告します。 エヌ・エフ・ラボラトリーズとの合同勉強会は、昨年の 11 月の Rust 勉強会に続き 2 回目となり…

npm パッケージの選定について:開発の活発さを可視化して比較する

はじめに FFRIリサーチエンジニアの茂木です。 現代のソフトウェア開発では、OSS を利用することが多くなっています。そうした OSS ライブラリを利用・管理するために、パッケージマネージャーが存在します。その中で、Node.js のパッケージマネージャーであ…

Sourcetrail を使った radare2 ソースコードリーディング

はじめに FFRIリサーチエンジニアの中川です。 先日ソースコード可視化ツール Sourcetrail が OSS として公開されました。本記事では Sourcetrail の導入方法と簡単な使い方について、radare2 のソースコードリーディングを例として説明します。 Sourcetrail…

CODE BLUE 2019 参加報告

はじめに FFRIリサーチエンジニアの末吉です。 10 月 29、30 日に開催された情報セキュリティの国際会議 CODE BLUE 2019 に参加しました。 今年の CODE BLUE はサプライチェーン攻撃に関する発表が多くされました。 私が聴講した、これらの発表について書き…

Rust 勉強会レポート

はじめに FFRIリサーチエンジニアの中川です。 今回は 11 月 7 日にFFRIと株式会社エヌ・エフ・ラボラトリーズで共同で開催した Rust 勉強会について報告します。 簡単にこの勉強会開催の背景について説明します。 FFRIでは昨年から社内で Rust を利…

FFRI Dataset 2019 の紹介

はじめに 基礎技術研究部所属、リサーチエンジニアの茂木です。本記事では、FFRI Dataset 2019 についてご紹介させていただきます。 FFRIでは 2013 年から毎年、情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会マルウェア対策人材育成ワークショップ (MWS) …

インターンシップ報告 4

ご挨拶 この度FFRIの基礎技術研究部で 2 週間のインターンシップに取り組ませていただきました、樋川と申します。本記事ではインターンシップで取り組んだ内容や感想などについて報告いたします。 応募動機 私が本インターンシップに応募した動機は、MWS…

LLVM バックエンド書き換えによる独自命令の挿入

はじめに FFRIリサーチエンジニアの中川です。 以前投稿した記事「Shadow Stack を使った Stack Buffer Overflow 検知機構の実装」で 今回は LLVM バックエンドの書き換えにより、sspush sspop が関数のエピローグとプロローグに自動的に挿入されるようにし…